海外のFX会社の賢い使い方

hoiure国内のFX会社に目が生きやすいですが、実際は海外にもFX会社があります。そして日本国内にいながらその海外のFX会社を利用することができます。

この二つの会社の違いを簡単に説明します。まず、国内FX会社は初心者向けであるということです。国内の会社は口座開設や取引チャートやサポート体制を見ていると初心者を中心的に狙っていることが目につきます。このトレンドはハイローオーストラリアが作ったとも言われています。

「国内にある会社」という安心感もあります。海外FX会社は海外に本社を置いているわけですからどうしてもいざという時に対応してくれるのかが不安に感じる人がいます。最近は国内と海外関係なくサポート体制はしっかりとしてきましたから、安心感は「国内の会社」というイメージが強いように思われます。他にも違いがあります。

大きな違いは「レバレッジの高さ」です。国内会社の場合は国内の法律によって上限レバレッジが決められており、上限レバレッジは「25倍」です。最近規制が始まったので前までは25倍以上のレバレッジも日本ではかけることができましたが、リーマンショックなどの世界不況でFXで大損をする人が多数出て社会問題となったので上限レバレッジ設定がされました。

しかし、このレバレッジ上限は国内会社に対して効力がある法律です。海外のFX会社にこの縛りはかからずに自由にレバレッジがかけられる状態が未だに続いています。会社によって自由に決められるので会社によって様々なレバレッジがかけられます。最高レバレッジは「1000倍」なんてところもあります。日本の会社の40倍です。

リスクも大きくなりますが、腕に覚えのあるトレーダーにとってレバレッジの高さは可能性の一つです。その分リスクも高くなるからこそ初心者には向かないとも言えます。その他の違いは「信託保全」です。これは簡単には投資家〈トレーダー〉の資産はある程度は保全される仕組みです。どのような会社にも破綻の可能性はあります。実際にリーマンショックの時に証券会社が破綻したことは有名な話です。

そうなると信託保全がない会社にお金を預けておくと下手すると全額返ってこない可能性があります。国内のFX会社はこの信託保全が義務付けられていますからどこの会社に登録しても問題はありませんが、海外FX会社の中には信託保全を行っていない会社もありますから注意が必要です。

もちろん海外FX会社すべてが信託保全をしていないわけではありませんからあくまで「一部」の会社ということになります。これら違いやでそれぞれのメリットやデメリットを理解した上でFX取引を行ってください。


兼業作家

書店や図書館には沢山の小説が陳列されていますが、その小説を執筆するのが小説家という存在であるというのは周知の事実でしょう。小説家というのは小説を書くことが仕事という職業なのです。

そんな小説家の中には小説を書きながら全く異なる別の仕事をしているという方が少なくありません。そのような方は兼業作家と呼ばれ一つの形態として受け入れられています。

世間に認知されるほどのヒット作を執筆しても兼業であるという方もいらっしゃる程ですが、そのような話を聞くとなぜ小説家一本で生活をしていかないのかという疑問が浮上するでしょう。

小説というのは例え賞を取ったり映像化して売れた一本があったとしても、次のものがまたヒットするとは限らないものです。
本が売れなければ生活費を稼ぐことが出来ませんし、小説を書くこともままならなくなるでしょう。

兼業作家であるということは小説を書く時間を捻出するのが専業よりも難しくなるものの、安定した収入を得ることができるという精神面での支えを得ることができるのです。

専業作家の良いところはそれだけではありません。
例えば普通の会社員をしながら小説家として執筆作業をしているという方は少なくありませんが、一般的な世間と触れ合うことによって新たなアイディアが浮かぶことも少なくないようです。

半ば強制的に会社員としての業務に頭をシフトさせなければならないため、それがよいリフレッシュになると言う意見も見受けられます。

また、医師など少し特殊な職業を経験している場合、内情を知っていることからよりリアリティのある作品を書くことができるというのも利点でしょう。
自身の世界を広げることができるのが兼業作家の魅力といえるのかもしれませんね。

勿論兼業作家であるが故のデメリットも存在しています。
日々の仕事に追われ執筆の時間が取れないこと、まとまった休みが取りづらいため長期の取材ができないことなどがそれに当たるでしょう。

しかし執筆時間の確保は自分の采配ひとつで変わるもので、朝早く起きたり休日にまとまった時間を取ることで解決している兼業作家もいらっしゃいます。
肉体的には非常につらい状況でも小説を書くことが好きならば、好きなことができるという状況は精神的には安定するのでしょう。

長期的な取材は難しいことかもしれませんが、会社の協力次第では実現可能かもしれません。

ある程度小説で食べていけるようになった際には、自分にとって専業と兼業どちらがより作品を輝かせることができるのか考えてみることでまた作品に深みが出るのかもしれませんね。



newspaper

優秀な副業

普通のサラリーマンが在宅で出来る副業として、もっとも収益率が高いのはFXではないでしょうか。実際にやってみるとゲーム性もあり、並のオンラインゲーム等よりも面白いと思います。

自分の中できっちりルールを決めて行えば、勝率はおのずと高くなります。私も現在FXをやっていますが月10万円の資金に対して1万円のリターンを目標に取引をしています。一日500円?小さな金額のように見えますが、これが達成できれば年100%越えの利率です。

本業にしてそれだけで食べていくには辛いでしょうが、お小遣いとしては十分です。本業ではなく副業というのがサラリーマンの正しいFXとの付き合い方ではないでしょうか。